山岡鉄舟 開基の全生庵

臨済宗国泰寺派「全生庵」山岡鉄舟が開基

お経(テキスト)

摩訶般若波羅蜜多心経

かん じ ざい ぼ さつぎょう じんはん にゃ は ら みっ た じしょう けん ご うん かい くう
観自在菩薩。行深般若波羅蜜多時。照見五蘊皆空。

ど いっ さい く やくしゃ りし しき ふ い くう くう ふ い しき しき そく ぜ くう
度一切苦厄。舎利子。色不異空。空不異色。色即是空。

くうそく ぜ しき じゅ そうぎょう しき やく ぶ にょ ぜ しゃ り し ぜしょほう くうそう
空即是色。受想行識亦復如是。舎利子。是諸法空相。

ふ しょう ふ めつ ふく ふじょう ふ ぞう ふ げんぜこくうちゅう
不生不滅。不垢不浄。不増不減。是故空中。

む しきむ じゅそうぎょうしきむ げん に び ぜっ しん い む しき しょう こう み そく ほう
無色無受想行識。無眼耳鼻舌身意。無色声香味触法。

む げんかい ない し む い しき かいむ むみょうやく む むみょうじん
無眼界乃至無意識界。無無明亦無無明尽。

ないしむろう しやく む ろう し じん む くしゅうめつどう む ち やく む とく
乃至無老死亦無老死尽。無苦集滅道。無智亦無得。

い む しょとく こ ぼ だいさつ た え はん にゃ は ら みっ た こ
以無所得故。菩提薩 。依般若波羅蜜多故。

しん む けい げむ けい げこ む う く ふ おん り いっ さい てん どう む そう
心無 礙無 礙故。無有恐怖。遠離一切顛倒夢想。

くう ぎょうね はんさん ぜ しょ ぶつ え はん にゃ は ら みっ た こ
究竟涅槃。三世諸仏。依般若波羅蜜多故。

とく あの くた ら さんみゃく さんぼ だいこちはん にゃ は ら みっ た
得阿耨多羅三藐三菩提。故知般若波羅蜜多。

ぜ だい じんしゅ ぜ だいみょうしゅぜむ じょうしゅぜむ とう どう しゅ
是大神呪。是大明呪。是無上呪。是無等等呪。

のう じょいっ さい く しん じつ ふ こ こ せつ はん にゃ は ら みっ た しゅ
能除一切苦。真実不虚。故説般若波羅蜜多呪。

そく せつ しゅわっ ぎゃ てい ぎゃてい は ら ぎゃていはらそうぎゃてい
即説呪日。羯諦羯諦。波羅羯諦。波羅僧羯諦。

ぼじ そ わ か はん にゃしん ぎょう
菩提薩婆訶。般若心経。

大乗妙典観世音菩薩普門品偈

せーそんみょうそうぐがーこんじゅもんぴぶつしがーいんねんみょういかんぜおん
世尊妙相具我今重問彼佛子何因縁名為観世音

ぐーそくみょうそうそんげーとうむーじんににょちょうかんのんぎょうぜんのうしょほうしょ
具足妙曹尊偈答無盡意汝聴観音行善応諸方所

ぐーぜいじんにょかいりゃつこうふーしーぎじーたーせんのくぶつほつだいしょうじょうがん
弘誓深如海歴劫不思議侍多千億佛発大清浄願

がーいーにょーりゃくせつもんみょうぎゅけんしんしんねんふーくうかのうめつしょーうーく
我為汝略説聞名及見身心念不空過能滅諸有苦

けーしーこうがいいすいらくだいかきょうねんぴーかんのんりきかーきょうへんじょうち
假使興害意推落大火坑念彼観音力火坑変成池

わくひょうるこーかいりゅうぎょしょきーなんねんぴーかんのんりきはーろうふーのうもつ
或漂流巨海龍魚諸鬼難念彼観音力波浪不能没

わくざいしゅみーぶいーにんしょーすいだーねんぴーかんのんりきにょにちこーくうじゅう
或在須弥峯為人所推堕念彼観音力如日虚空住

わくひーあくにんちくだーらくこんごうせんねんぴーかんのんりきふのうそんいちもう
或被悪人逐堕落金剛山念彼観音力不能損一毛

わくちーおんぞくねうかくしゅーとうかがいねんぴーかんのんりきげんそくきーじしん
或値怨賊繞各執刀加害念彼観音力咸即起慈心

わくそうおうなんくりんぎょうよくじゅじゅうねんぴーかんのんりきとうじんだんだんね
或遭王難苦臨刑欲寿終念彼観音力刀尋段段壊

わくしゅーきんかーさーしゅそくひーちゅーかいねんぴーかんのんりきしゃくねんとくげだつ
或囚禁枷鎖手足被柱械念彼観音力釈然得解脱

じゅうそしょどくやくしょよくがいしんじゃねんぴーかんのんりきげんじゃくおほんひん
呪詛諸毒薬所欲害身者念彼観音力還著於本人

わくぐーあくらーせつどくりゅうしょきとうねんぴーかんのんりきじしつぷーかんがい
或遇悪羅刹毒龍諸鬼等念彼観音力時悉不敢害

にゃくあくじゅいねうりーげーそうかーふねんぴーかんのんりきしつそうむーへんほう
若悪獣圍繞利牙爪可怖念彼観音力疾走無邊方

がんじゃぎゅうふくかつけーどくえんかーねんねんびーかんのんりきじんしょうじえーこ
玩蛇及蝮蠍気毒煙火燃念彼観音力尋聲自回去

うんらいくーせいでんごうばくじゅだいうねんぴーかんのんりきおうじとくしょうさん
雲雷鼓掣電降雹濡大雨念彼観音力応時得消散

しゅじょうひーこんにゃくむりょうくひつしんかんのんみょうちりきのうくーせーけんくー
衆生被困厄無量苦逼身観音妙智力能救世間苦

ぐーそくじんつうりきこうしゅうちほうべんじつぽうしょこくどむせつふーげんしん
具足神通力廣修智方便十方諸国土無刹不現身

しゅじゅしょあくしゅじーごくきーちくしょうしょうろうびょうしーくいぜんしつりょうめつ
種種諸悪趣地獄鬼畜生生老病死苦以漸悉令滅

しんかんしょうじょうかんこうだいちーえーかんひーかんぎゅうじかんじょうがんじょうせんごう
真観清浄観廣大智慧観悲観及慈観浄願常譫仰

むーくーしょうじょうこうえーにちはーしょあんのうぶくさいふうかふみょうしょうせけん
無垢清浄光慧日破諸闇能伏災風火普明照世間

ひーたいかいらいしんじーいみょうだいうんじゅんかんろほううめつじょぼんのうえん
悲體戒雷震慈意妙大雲濡甘露法雨滅除煩悩焔

じょうじょきょうかんじょふーいぐんじんちゅうねんぴーかんのんりきしゅうおんしつたいさん
諍訟経官処怖畏軍陣中念彼観音力衆怨悉退散

みょうおんかんぜおんぼんのんかいちょうおんしょうひせけんおんぜこしゅじょうねん
妙音観世音梵音海潮音勝彼世間音是故須常念

ねんねんもつしょうぎかんぜおんじょうしょうおーくーのうしーやくのういーさーえーこ
念念勿生疑観世音浄聖於苦悩死厄能為作依怙

ぐーいつさいくどくじーげんじーしゅーじょうふくじゅかいむりょうぜこーおうちょうらい
具一切功徳慈眼視衆生福聚海無量是故応頂礼 にじじじぼさつそくじゅうざーきーぜんびゃくぶつごんせーそんにゃくうしゅじょう
爾時持地菩薩即従座起前白佛言世尊若有衆生

もんぜかんぜおんぼさつぼんじーざいしーごうふーもんじーげんじんつうりきしゃ
聞是観世音菩薩品自在之業普門示現神通力者

とうちぜにんくーどくふしょうぶつせつぜふもんぼんじしゅうちゅうはちまんしせんしゅうじょう
当知是人功徳不少佛説是普門品時衆中八萬四千衆生

かいほつむとうどうあーのくたーらーさんみゃくさんぼだいしん
皆発無等等阿耨多羅三藐三菩提心

延命十句観音経(三誦)

観世音 南無仏 与仏有因 与仏有縁 仏法僧縁 常楽 我浄 朝念観世音 暮念観世音 念念従心起 念念不離心

白隠禅師坐禅和讃

衆生本来仏なり 水と氷のごとくにて 水をはなれて氷なく 衆生の外に仏なし

衆生近きを知ずして 遠く求るはかなさよ

譬ば水の中に居て 渇を叫ぶがごとくなり

長者の家の子となりて 貧里に迷ふに異ならず

六趣輪廻の因縁は 己が愚痴の闇路なり

闇路に闇路を踏そへて いつか生死を離るべき

夫れ摩訶衍の禅定は 称嘆するに余りあり

布施や持戒の諸波羅密 念仏懺悔修行等

其品多き諸善行 皆この中に帰するなり

一座の功をなす人も 積みし無量の罪ほろぶ

悪趣何処に有ぬべき 浄土即ち遠からず

辱なくも此の法を 一たび耳にふるゝ時

讃歎随喜する人は 福を得る事限りなし

いはんや自ら回向して 直に自性を證すれば

自性即ち無性にて すでに戯論を離れたり

因果一如の門ひらけ 無二無三の道直し

無相の相を相として 行も帰るも余所ならず

無念の念を念として 歌ふも舞ふも法の声

三昧無碍の空ひろく 四智円明の月さゑん

此時何をか求むべき 寂滅現前するゆゑに

当所即ち蓮華国 此身即ち仏なり

四弘誓願(三誦)

衆生無辺誓願度 煩悩無尽誓願断 法門無量誓願学 仏道無上誓願成

発菩提心空拳章

若人三世一切の 仏を了知んと欲しなば 法界性を観ず応し 一切唯心造なりと 普く衆生を観ずるに 各各仏性具しぬれば

一念不生に至る時 忽ち仏性現前し 男女上下の隔なく

其儘即ち仏なり 偶一念迷い初め 自ら凡夫となるゆえに

三毒五慾の情起り 殺生偸盗邪淫慾 悪口両舌綺語妄語

瞋り恚ち愚痴我慢 貪り惜みて嫉み妬み 憎愛執着誉め譏り

悪業罪を造りては 地獄や傍生餓鬼となり 千生万劫沈淪し

受る苦患ぞ怖しき 夫れ人間の身を受けて 此の世に生れ来る事は

爪の上端に置ける土 三悪道に堕入りて 苦患に沈む輩は

大地の土の如くなり 況て尊き仏法の 教に親しく遇う事は

百千劫にも有りがたし 斯る時節を失わず 必ず出離を求むべし

人人賢き智慧あれば 春は万の種を蒔き 秋の実登を待つのみか

衣服家宅に至るまで 遠き覚悟のありながら 今をも知れぬ後の世の

永き冥路を打忘れ 空しく過るぞ愚なり 老若貴賎も諸共に

無常の風に誘われて 忽ち此世を終る時 耳も聴えず目も見えず

一生作し置く罪過が 聚り来りて責るゆえ 臨命終の苦は

百千万の鋒に 突き悩さるゝ如くなり 其時何をか頼むべき

田畠数多有とても 冥途の用にはたたぬもの 金銀財宝持つ人も

携え行くべき道ならず 妻子眷属有りしとて 伴い行く事更になし

偕老比翼の契も 少時し浮世の夢にして 出入りの息の絶えぬれば

野辺の送を営みて 老も若も仇野の 空の煙と消え失て

朝夕撫し黒髪も 蓬が根の塵となる 造悪人の最後には

壁も柱も戸障子も 獄卒の姿に見えければ 始めて何れも後悔し

斯る憂目に有るならば 後生菩提も願うべし 悪き心も持つまじに

我身に悪行するのみか 人に膽性を傷めさせ 倶に作りし罪過の

我身一つに報い来て 己と作りし地獄ゆえ 免れ遁るゝ方ぞなき

此の悲しさを誰に告げ 又誰をかは恨むべき 思い遣るべし其時の

苦患の程は幾ばかり 因果の道理を辧えて 悪しき心を矯め直し

後世の大事を覚悟して 善根功徳に心ざし 親に孝行君に忠

兄弟夫婦睦じく 親属他人も夫夫に 長幼尊卑の義を守り

無礼不実のなきよう 己を捨てゝ人を立て 人の善からぬ罪過を

仮令我身に受るとも 人をば罪に落とすまじ 飢寒に苦しむ者を見ば

身の分限に及ぶほど 施し恵みを致しつゝ 鳥類魚類に至る迄

情けをかけて救うべし 尚ぶらくは人間の 受くる形は其儘に

仏の姿にかわらねば 心ひとつを改めて 慈悲仁譲になりぬれば

男も女も諸共に 此身が即ち仏にて 仏が仏を念ずれば

一声唱うる称名も 諸仏の浄土に通徹し 無始劫来の罪障も

一時に消失果てぬれば 尋常仏に近づきて 礼拝恭敬を慇懃に

香花燈燭採りさゝげ 粥飯茶菓等供えつゝ 身口意三業清浄に

 

称名念仏経陀羅尼 坐禅観法修しぬれば 浄土は元来我が身にて

心が即ち仏なり 熟塾衆生を観ずれば 生生世世の父母や

六親眷属師長にて 其の恩愛の深き事 各各現世に異ならず

然るに六趣に輪廻して 種種の苦患に浮き沈む 其の有様を察するに

身の毛も寒竪ばかり也 皆皆悲願を企てゝ 無明の眠りを覚しつゝ

行住坐臥に怠らず 一心勇猛に修業して 六衢の衆生の愍念し

菩提の道に趣かせ 本有の衆徳を発露して 不報の恩を報ぜんと

般若の船に掉さして 涅槃の岸に到るべし