山岡鉄舟 開基の全生庵

臨済宗国泰寺派「全生庵」山岡鉄舟が開基

書籍新刊のお知らせ

最後のサムライ「山岡鐵舟」英語版

YAMAOKA TESSHU

 

Details↓ ご紹介↓

This book was originally published by Kyoiku-hyoron-sha in Japanese under the title Saigo no samurai: Yamaoka Tesshu(The last samurai Yamaoka Tesshu).

 

Yamaoka Tesshu built the Buddhist temple Zensho-an in 1883, installing the Zen master Esso of Kokudai-ji temple (located in Takaoka, Toyama Prefecture) as head priest. His purpose was to comfort the souls of those who lost their lives for their country during the upheaval of the Bakumatsu period (late Edo period) through early Meiji era. Tesshu also hoped that Zensho-an temple would help to maintain Japan’s traditions and unique sprit at a time when the Meiji Government was attempting to westernize many aspects of Japanese life.

定価1,944円(本体1,800円)ページ数:158ページ

書籍のご注文はこちら

 

Contents

Chapter1:Boro Tetsu

Important People in Tesshu's life- Takahashi Deishu

Chapter2:The Immediate Pre-and Post-restroration Period

Important People in Tesshu's life-Shimizu Jirocho

The Tesshu Archives 1

Chapter3:Chamberlanin to Emperor Meiji

Important People in Tesshu's life-Emperor Meiji

The Tesshu Archives 2

Chapter4:Zen and Sword

The Tesshu Archives 3

Chapter5:Tesshu's Circle

Important People in Tesshu's life-Sanyutei Encho

Chapter6:The Uselessness of Temporal Distinction

Important People in Tesshu's life-Saigo Takamori

Chapter7:Free as the Spring Breeze

The Tesshu Archives 4

Chapter8:Last Days of a Samurai

Important People in Tesshu's life-Katsu Kaishu

The Tesshu Archives 4

Chronologies

 

最後のサムライ「山岡鐵舟」

最後のサムライ山岡鐵舟

天保7年6月10日(1836年7月23日)生まれ。日本の武士・幕臣、政治家。剣、禅、書の達人としても知られる。鉄舟は号、他に一楽斎、通称は鉄太郎。浅利義明門下の剣客で、一刀正伝無刀流(無刀流)の開祖。勝海舟、高橋泥舟と共に「幕末の三舟」と称される。西郷隆盛をして「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」と賞賛させた。

定価1,944円(本体1,800円)ページ数:232ページ

書籍のご注文はこちら

 

目次

第1章 ボロ鐵
第2章 維新前夜
第3章 宮仕え
第4章 剣と禅
第5章 周囲の人々
第6章 功名無用
第7章 春風自在
第8章 サムライの最期

編 臨済宗国泰寺派全生庵

全生庵は山岡鐵舟が幕末・明治維新の際、国事に殉じた人々の菩提を弔うために、明治16年に建立した。本尊は、かつて江戸城の守本尊であった葵正観世音菩薩。墓所には鐵舟の墓の他に、彼の因縁から国士荒尾精山田良政、石油開発者の石坂周造らが眠る。明治の落語名人三遊亭圓朝の墓もあり、毎年8月には、同庵で圓朝まつりと奉納落語が行われる。また、円朝遣愛幽霊画50幅を所蔵することから同庵は「幽霊画の寺」としても知られる。