山岡鉄舟 開基の全生庵

臨済宗国泰寺派「全生庵」山岡鉄舟が開基

プロフィール・講演会

Profile

平井正修(ひらい しょうしゅう)和尚は「武士道」「新撰組」で何かと話題の山岡鉄舟居士が徳川幕末・明治維新の際、国事に殉じた人々の菩提を弔うために明治十六年に建立した、三遊亭円朝師匠が眠る上野・谷中の臨済宗国泰寺派全生庵の第七世現住職。

講演では山岡先生の武士道の志と禅の心を現代に生きるために優しく解釈。坐禅の体験もしていただきます。警視庁・人事院・各種官庁及び 各種企業における研修・新入社員研修・企業トップセミナー坐禅会が大変好評です。

経歴

平成2年/学習院大学法学部卒
平成2〜13年/静岡県三島市龍沢寺専門道場にて修行
平成14年〜/全生庵住職

講演テーマ

「禅とは」
「現代における禅の効用」
「坐禅による新人研修」
「日本の心「武士道」と「禅」」
「山岡鉄舟 」
「三遊亭円朝と幽霊画」
・・・他多数